着物文化の継承は着物買取から

着物文化の継承のためにも着物買取紹介サイトを覗いてみましょう!買うのもよし、売るのもよし、着物買取サービスで伝統再発見!!

長襦袢・半襦袢・肌襦袢・ふんどし・裾除けって着物買取してもらえるの?

着物買取を依頼しようとすると、長襦袢・半襦袢・肌襦袢などの襦袢や下着を買取できるのかといった疑問をお持ちの方も多いと思います。まず一般的な着物買取で査定がつくものや高額査定してもらえるものとしては、生糸で織った生絹の着物、一度も使った事のない未使用のもの、有名な作家が作った着物、有名な産地で作られた着物などです。

反対に査定がつかない、また高額査定の可能性が低いものとしては、シミやほつれなど汚れや傷みがあったりさらにそれらが激しいものがあります。また喪服などの黒い無地だけの着物ポリエステルの化学繊維のもの、そして長襦袢などの肌着や下着ということになります。

つまり襦袢や裾除けさらにふんどしなどは肌着や下着なので基本的に着物買取では買取が難しいということになりますが、その理由として襦袢などは化学繊維であることが多いこともあること、生絹ではないということで断られたり、査定がつかないということだからです。ただし、まったく新品同様の未使用であれば少額でも買取してもらえる可能性もあります。使用したものであっても生絹の長襦袢や半襦袢などであれば買取の対象にはなりますが、生絹の場合は白い生地が多いので汗などによって汚れやシミがつきやすいということで細かくチェックされます。そういうわけで美品であってもすこしでも汚れがあったり、一度着用したものの場合の買取や高額査定はなかなか難しいのが実情です。

ただし、絞り染めのはいった絵羽襦袢や刺繍の入った襦袢、生地が高級なものなどある場合、手間がかかっていて見た目も美しく品質が良い場合がありますので中には高額査定で買い取ってくれる着物買取もあります。

さて、このように着物買取ではその条件によって買取の対象になる肌着・下着類ですが、すこしでも買取の可能性を高くするには日頃からのメンテナンスがとても大切でそれが長持ちの秘訣にもなります。着物を毎日洗うということまでしなくても良いですが、肌に直接触れることから汚れやすい肌襦袢などは着用したその日の内にネットに入れて洗濯機で洗うようにしましょう。

長襦袢も化学繊維や木綿やウールなどの場合には半衿をはずしてネットに入れて洗うことができます。半衿が生絹だった場合は手洗いで可能ですが、生乾きの内にアイロンをかけるようにしないと縮みやすいので注意が必要です。ですから縮みやすい生絹の長襦袢、絵羽襦袢や刺繍の入った高級な襦袢は専門店に持っていくようにしましょう。