着物文化の継承は着物買取から

着物文化の継承のためにも着物買取紹介サイトを覗いてみましょう!買うのもよし、売るのもよし、着物買取サービスで伝統再発見!!

着物買取豆知識:角帯や兵児帯、博多織、袋帯、単帯

着物買取というと、着物の長着だけを取り扱っているように考えている人も多いですが、実際には帯や腰紐、足袋、長じゅばんなどの着付けに必要な品物はほぼすべて取り扱っていますので、不要になったものはどんどん着物買取に持ち込んで現金化することが可能です。

着物買取では、女性用の着物や帯だけでなく、男性用の品物も買取対象としていますので、男性も使わなくなったものや人から譲り受けたものの中で、着用することがないと思われる着物があれば、買取業者のところに持ち込んでみるとよいでしょう。中には、希少価値が高く高額の着物買取になった品物もありますので、保管場所を広くとる品物を大きな副収入に替えられるチャンスです。

男性用の着物の帯は、女性用のそれと比べるとシンプルで種類が少なくなっています。男性の場合、女性のように着付けの時におはしょりを取る必要もありませんので、腰紐などの本数もそれほど必要はありませんし、帯の種類も角帯と兵児帯の二種類しかありません。羽織袴や紬などのほとんどの着物に使用されているのは角帯の方で、兵児帯は自宅でゆったりと過ごすときやカジュアルな浴衣姿の時などに使用しています。ちなみに、女性の場合には大きく分けて正装の時に使用する袋帯、普段着に使用する名古屋帯、夏場の単衣の着物の時に使用する単帯などがあります。

角帯は絹製品が代表的ですが、綿や麻、合成繊維などもあります。堅めにおられているものを二つ折りにして仕立てられており、腰回りががっちりと固定されます。夏用には透ける素材で仕立てられたものもありますが、近年では着物の着用機会が少ないこともあり、浴衣にも博多織などの透けない素材の角帯を使用します。幅は8~10cm、長さ4mぐらいが主流となっており、占めるときには腰骨の上から巻きます。

兵児帯は外出用というよりは自宅用で、幅広で生地が柔らかいためにリラックスできます。絹製品がほとんどですが、近年では合成繊維のものもあります。小さい子供の浴衣にも使用できるため、着物買取でも人気の高い品になっています。成人男性の場合には、若い世代の人が浴衣などを着崩してあえてこの帯を使用していることもありますが、きっちりと着こなしたいときには自宅や浴衣姿でも、角帯を使用したほうがすんなりと馴染むでしょう。色合いは紺色や茶系などが多いですが、着物の色や柄に合わせて複数用意しておくと、いろいろな着こなしが楽しめます。